PAGETOP

About ドラゴンベアードについて

HOME > About

「日本発のスニーカーブランドの確立」

日本では様々なシューズが溢れるようになり、その中でも「スニーカー」というジャンルは急激に拡大し、
1つのカテゴリーとして確立しました。
しかし、その多くが欧米ブランドで占められ、日本発のブランドといえば出ては消えを繰り返すだけで、
結局はスニーカー=欧米ブランドという図式になりつつあります。
この状況に新風を吹き込むべくドラゴンベアードはスタートしました。

〝ドラゴンベアード〟の由来

「坂本竜馬」この国の歴史を変えた人物の一人であると同時に、日本で初めて靴を履いた人物としても知られています。
そのような、困難に立ち向かい、変革を恐れず実現していく坂本竜馬のスピリットに共感し、 試行錯誤のうえ「DRAGONBEARD」と名付けました。
「BEARD」(ベアード)とは、〝髭〟を意味しています。龍の髭は威厳を誇示するといわれており、それをブランドの象徴としてブランドロゴに採用しています。
スニーカーは元々、スポーツ用に開発されたものをファッションとして普段で履くようになり誕生していますが、ドラゴンベアードは元からファッションアイテムとしてのスニーカーをつくることを前提としています。
また、ドラゴンベアードのスニーカーは、ドレスシューズ・スポーツシューズ・ビジネスシューズ等のジャンルという概念を超え、様々なジャンルのMIXをデザインの原点としています。 そのことによって、何かに捉われることのないデザインを生み出していく原動力になっています。

ドラゴンベアードのこだわり

「かっこよくありたい」「人と違う自分だけのこだわり」という感覚は人によって差はあるものの、少なからず誰もが心の中にあるはずです。
ドラゴンベアードはそんな「かっこいい」「こだわり」を大切にし、スニーカーという形で表現しています。
ドラゴンベアードは、従来のシューズづくりの概念に捉われることなく、変化を恐れない坂本竜馬のようなスピリットを持って、普段何気なく履いているシューズを「かっこいいこだわりのあるスニーカー」に変えていくことを目指します。

坂本竜馬

PRODUCTS THEME

Japan 日本

「外国人から見た日本」をテーマとし、日本独特の自然・文化・建築物など様々なものをデザインやカラー、素材で表現します。 和柄やMADE IN JAPANなどの直接的な表現から、日本の歴史的人物や百人一首を連想させるような間接的なものまで、色々なバリエーションを展開していきます。

Bike バイク

「こだわり」という視点から、その中でもドラゴンベアードは〝BIKE〟にスポットを当てて表現していきます。 アメリカン・スポーツ・モトクロス・街乗りなど、バイクの全てのカテゴリーを対象に、実際にそのシーンで履けるものから、デザインやカラーリングで表現したものまで、BIKEの世界観をドラゴンベアードらしく広げていきます。

Music 音楽

思いや考え、経験を歌詞や音で表現する音楽と、思いや考え、日本を靴で表現するドラゴンベアード。表現者という共通の観念から、ドラゴンべアードは音楽シーンの表現にも挑戦していきます。 音楽の様々なジャンルを対象に、そのジャンルのミュージシャンが履きたいと思うものをデザインのコンセプトとしていきます。

Basic ベーシック

ドラゴンベアードは靴におけるカテゴリーの垣根を越えた、カテゴリーMIXを〝BASIC〟としています。 ドレスシューズのソールにスポーツシューズを組み合わせたものやその逆など、色々なMIXをチャレンジし、新しいシューズとして発信していきます。 その中でもスポーツテイストのものを『DB』とし、ドレスシューズテイストのもを『DX』として発表していきます。